スポーツ選手がなりやすい腰痛と高齢者がなりやすい腰痛とは

サッカー怪我

スポーツ選手が疲労骨折を起こしたニュースを見た事はありませんか?

疲労骨折は、1回の力で骨折が起こるのではなく、弱い力が繰り返し骨の一部にかかることで、おこる骨折の事です。

針金を例に例えるとわかりやすいと思います。

何度も、同じ場所を折り曲げていると、ポキっと折れる事があります。

それと同じです。

金属疲労と自然疲労。

陸上選手もよく、疲労骨折を起こします。
場所は、足と腰、腰椎です。

野球選手の場合は、腰ですね。
腰を捻るのですが、椎骨の後ろの関節突起間部というところに力が集中して、疲労骨折をするお事があります。

疲労骨折は、しっかりと休めば基本治ります。
ただ、我慢して何度も運動を続けると、偽関節という状態になります。

こうなると、かなり厄介です。

本来骨であるところが、軟骨や線維組織におきかわっている状態で、腰椎におけるそんな状態を、腰椎分離症といいます。

第5腰椎におこりやすく、野球選手、ソフトボール選手などがなりやすい骨折の一つです。

腰椎分離症は、腹筋や背筋がしっかりしているときはほぼおきません。
これが、緩んでくると、椎骨同士の間で徐々にズレがおこります。

これが、神経を圧迫して痛みを感じるようになります。
こういった状態を、分離すべり症と呼んでいます。

こうなった場合は、早めに腹筋、背筋を鍛える必要があります。
それでも難しい時は、脊椎固定術という手術が必要です。

神経痛の原因にもなる変性すべり症

すべり症の原因となるのは腰椎分離症だけではありません。

椎間板などの老化により、となり合う椎間同士の連結に破綻が生じたためずれがおこり、すべり症となることがあります。

これを変性すべり症と言います。

このような状態なると、脊柱管という背骨のなかの神経が通るスペースが、すべりをおこしたところで狭くなり、神経を圧迫するようになります。

その結果、腰から足にかけてがんこな神経痛がおこるのです。

腰部脊柱管狭窄症と病態も症状も同じですが、加齢によるすべり症の場合、だんだんと強く痛む傾向があり最終的には手術が必要な場合があります。

高齢者がなりやすい脊椎圧迫骨折とは

シニア腰痛

脊椎圧迫骨折(せきついあっぱくこっせつ)とは、椎骨の椎体部分がつぶれた状態のことをいいます。
若い人でも、車にはねられたり、高いところから落ちたりすることでなることはありますが、高齢者の方がなりやすい骨折です。

年齢を重ねるにつれ、骨が弱くなり、しりもちをついたり、重い荷物をもっただけで、脊椎圧迫骨折が起こります。

そんな簡単に?

と疑問を持つかもしれませんが、老人などはほんと簡単に骨折します。

腰椎の圧迫骨折の場合、約2〜3週間ほどは、寝返りも打てないぐらいの痛みです。
その後、徐々に痛みはマシになって、2〜3ヶ月程度で自然に治ります。

ただし、つぶれた椎体はそのままの状態です。
これが腰痛を招くおそれがあります。

腰体はもとに戻らないので注意が必要です。
普段から筋力アップしないといけません。

骨粗しょう症がベースの圧迫骨折に注意!

ちょっとした力で圧迫骨折はおこります。
これは、骨粗しょう症がベースにあるからです。

年齢を重ねると骨が弱くなるのは、自然です。
ただ、病的に弱くなっているのを骨粗しょう症と言います。

女性は特にこの傾向が強く、閉経後、一気に女性ホルモンが減少します。

骨の代謝が悪くなり、骨粗しょう症になる人が増えています。

骨粗しょう症で起こる圧迫骨折は、意外と気づきません。
強い痛みでだんだん猫背になり、身長も低くなります。

痛くても、年寄りの人は意外と我慢するんですね。

腰が曲がっている老人が多いですが、調べると骨粗しょう症なんて、事もあります。

こういった事が起こっているので、背が低くなっいるとも言われています。

骨粗しょう症が起きても、そのままではあまり痛みを感じません。
ただ、猫背が進むと、背中や腰に痛みを感じます。

背筋が弱って、正しい姿勢ができなくなり、骨粗しょう症で折れた骨がどこかの神経に接触したりするからです。

骨粗しょう症の予防は、カルシウムをしっかりとることです。

しっかりと、牛乳を飲んだり、カルシウムが多いものを食べましょう。

トップに戻る モットンマットレスガイド